けん玉

メジャーな遊びであるけん玉

けん玉といえば、ほとんどの人がやった経験のある遊びで日本でもかなりメジャーな遊びと言えます。
けん玉は基本的に一人で楽しむものですが、さまざまな技があるのでどちらがより高度な技ができるかを競ったりするなど、さまざまな遊び方ができます。

けん玉は購入方法が多く買いやすいですし、糸が切れたとしてもすぐに直す事ができますから長く遊ぶ事ができて経済的にも手軽な遊び道具です。
さらに技の練習などをする事で練習する事の大切さを教えられますし、日本けん玉協会でけん玉の技をもとに級や段位などを取る事もできるため、それを目標に定めて遊びながら高い段位に挑戦するというのも良いでしょう。

けん玉はさまざまな技で楽しむもので、その技には子供でもできる簡単なものから、大人でも難しいような技まで幅広い種類があります。
そのため園児でも技の達成を目標にしやすく、多くの園児が全員で楽しむ事ができるというのも魅力と言えます。

他人と技を競うだけでなく自分1人でも技を磨くという遊び方ができるので、人数に関係なく遊ぶ事ができるというのも魅力です。
園児が複数人いる時は、何人かで組になる必要のある遊びの場合は人数に入れない子も出てきてしまいます。
そういった時に、人数に関係なく遊ぶ事ができるけん玉は保育士として非常に重宝するでしょう。

メジャーな遊びであるからこそ、けん玉についての情報も得やすくなっているのもポイントとなります。
インターネットで検索してみれば、さまざまな技のコツだけでなく構え方からタイミングのコツまで、けん玉をやる上で必要となる情報を簡単に集める事が可能です。

けん玉で遊ぶ時には、保育士もある程度けん玉ができるようになった方が園児への指導もしやすく、より園児たちが楽しんでけん玉で遊べるようになるので、事前に情報を集めて練習しておくと良いでしょう。
また、こういった情報をプリント合うとして園児に配る事でより園児達が練習しやすい環境を作るためにも役立ちます。

けん玉遊びで使うけん玉の種類は

けん玉で遊ぶ時には、まずけん玉を購入しなくてはいけません。
この時に買っておきたいけん玉としては、日本けん玉協会認定の競技用けん玉がおすすめです。

この競技用けん玉は日本けん玉協会が公認した実用新案・意匠登録済のけん玉の事で、けん玉認定検査に合格しているけん玉です。
このけん玉にはさまざまな工夫が施されており、おもちゃ屋などで販売されているけん玉よりも遊びやすく、技などの練習もしやすいのでおすすめできます。

またデザインに関しても種類が多いですから、子供たちの好みに合わせたデザインを購入できます。
どのようなデザインがあるかは、インターネットでけん玉協会認定けん玉と検索すればサンプルを見れるので、それを見てどれを購入するかを検討してみてはどうでしょう。
けん玉は長く遊べる遊び道具ですので、一度購入したら長い期間保育園で育つ園児の遊び道具として利用する事ができます。