1. >
  2. >
  3. 毛糸遊び

毛糸遊び

園児でも簡単にできる毛糸遊び

毛糸を使った遊びは園児にはやや難しいと思うかもしれません。
長い編み棒や針を使う編み物やリリアンなどは怪我をする危険があるし、複雑な技術が必要となる本格的な編み物は園児には難しいと考えている人は多くいます。

ですが近年園児に編み物などの毛糸で遊ばせる幼稚園などは増えてきており、園児でも簡単にする事ができるリリアンや子供用の編み機を使った遊びはおすすめです。
子供でも簡単にできる編み物やリリアンは、子供でもやりやすくこれらで毛糸を使った物を作らせる事は、園児の想像力を育てる事にもつながり、遊びという観点だけでなく教育面からもおすすめできます。

毛糸遊びを園児にさせる時におすすめなのが、簡単な編み機やリリアンを使った編み物です。
編み物をするための編み機にはいくつか種類がありますが、園児に大してあまり複雑なものをやらせようとしても、使いきれずに遊べない場合があります。

ですから簡単な編み機やリリアンなど使って、あまり技術を必要としない編み物をさせると良いでしょう。
簡単にできるので完成もさせやすく、子供たちが飽きてしまう事も少なくなります。
編み物は女の子がするものという印象が強いですが、近年では男女の区別なく編み物をさせている幼稚園も増えてきています。

毛糸遊びは子供の想像力を育てるだけでなく、地道な作業をさせる事で忍耐力を育てるなどの効果も期待できます。
編み機での簡単な編み物やリリアンなどは複雑な技術が必要という訳ではないですから、園児でもやりやすいのでおすすめできます。
また編み物などの毛糸遊びは子供ごとにさまざまな作り方ができますから、子供にとってもすぐに飽きがこないため長期間楽しむ事が可能です。

作ったら終わりではなく、作った物でも遊べる

毛糸遊びのもうひとつの利点は、編み物を作っているだけで遊びが終わるのではなく、完成した物を使って遊ぶ事もできるという点です。
たとえば編み物で作った布を使ってさまざまな遊びを思いついたり、人形などを飾り付ける衣装にしたりと完成した編み物はさまざまな場面で子供たちの遊びの道具にもなってくれます。
そして遊びに使うという点では、自分がしたい遊びに必要なものを編み物で作るという事もできますから、子供たちが飽きずに継続するという点で見ても編み物などの毛糸遊びは非常に適していると言えるでしょう。

作る過程を楽しんだものは、子供にとって宝物にもなります。
自分で作った物を持っているという達成感は、園児が毛糸遊びに熱中する要因のひとつとなりますし、継続させる事で更に難しい物を作れるようになるという向上心も育てる効果が期待できます。
毛糸遊びは作っている過程だけでなく、作り終わった後も園児達に遊びの手段を与える事ができるので、園児たちを遊ばせる手段のひとつとして注目されています。