1. >
  2. >
  3. かけっこ

かけっこ

大人数の子供が居る時に楽しいのが、かけっこ遊びでしょう。たくさんの子供が居るからこそ、ほかの子供に勝ちたいという気持ちも芽生えて一生懸命頑張るようになります。

最近は学校などの運動会でも勝敗を決めず、ゴールする事だけを目的にさせている事も多いようですが、勝ち負けもとても大切な要素ではないでしょうか。それぞれの子供にも得意不得意があって当たり前で、人によってもかけっこが苦手な場合もありますが、それでも勝敗を決める事で頑張ろうと言う気持ちが育ったり、努力する事も覚える事が出来るのです。

走る楽しさを知るために

小さな子供はまず走る楽しさを覚えさせて、大きくなるに従い徐々に勝ち負けを加えても良いと思います。走る楽しさを覚えさせるなら、最初は競争というスタイルをとらず、鬼ごっこのようなもので楽しく走らせてみてください。

また、かけっこをして遊ぶと、子供の運動能力を高める事ができます。昔の子供はたくさんの世代の子供が一緒に遊び、走ったり色々な遊びを体験していました。

今の子供は幼稚園や保育園などでみんなと走る事を経験する事が多いでしょう。家の周りでは自由に走り回るスペースが無かったりする事もあるため、家庭では広い広場がある公園に足を運んでみるのもおススメです。

体を使うコツが身にく

子供に遊び道具は特に必要なく、体一つあれば走ったり転げまわったり、色々な遊びを思いつくものです。なかなか思いっきり走るスペースが無い今では、そういった場所を提供する事も必要かもしれません。

また、幼少期に走って遊ぶ事は、小学校くらいになって運動会で1位になるための基盤でもあります。小さい頃に走って遊ばなければやはり苦手となり、たくさん走った子供は体を使うコツが身についていて速くなる事もあります。

子供は遊びを通して体つくりを行なっているため、将来かけっこで1位を取るためにもたくさん体を使って遊ばせて上げるようにしてください。

毎日かけっこをやらすには、楽しみが無いと続きません。ウエストに紐を付けて後ろに垂らし、走るとフワフワと紐が浮く様子は喜びます。自分一人で走ったり、大人が紐を付けて後ろから子供が追いかけ、紐をつかんだら勝ちなどゲーム感覚にするのも良いでしょう。