1. >
  2. >
  3. 羽根つき(正月編)

羽根つき(正月編)

日本古来からの遊びである羽根つき

羽根つきといえば日本古来からある遊びのひとつですが、最近ではあまりやっている人を見かけなくなっています。
羽根突きには1年の厄をはねさせ、子供の健やかな成長を願うという意味が込められており、羽子板や羽根に関してもそれぞれにさまざまな魔よけなどの意味があります。

羽根つきが日本で行われるようになった頃は、羽根つきの羽根に使われているムクロジの実が子供が病気にならないようにする魔よけとされていました。
また羽根つきをしている時に羽根が飛ぶ様子が、当時病気の原因とされていた蚊の天敵であるトンボに似ていることから、羽根つきが行われるようになったという記述もあります。
羽根つきは日本で古くからおこなわれている遊びですが、その起源は子供の無病息災を願うものでした。現在ではお正月の風物詩となっていますが、その起源を知っておくと羽根つきをやる意識も変わってくるでしょう。

羽根つきをやる時の道具はどうする?

羽根つきを行うためには、羽子板と羽根を用意しなくてはいけません。
しかし羽子板と羽根には種類があるので羽根つきをやる時にはきちんと選んで購入する必要があります。

たとえば羽子板は装飾などが付いていて羽根つきはできない観賞用の物と、装飾などがついていない実用性のある物がありますし羽根も作りによって落ちてくる速度などが違います。
ですから園児に遊ばせる場合はあまり早い速度で落ちてくる羽根だったり、使いにくい羽子板だと満足に遊ぶ事ができませんから、なるべく園児の体や能力に合った物を選んであげる必要があります。

また、羽子板を自分で作るための工作セットも販売さているので、そういった工作セットを使って園児に自分たちだけのオリジナル羽子板を作成させるというのも入手方法のひとつです。
こういった工作セットの羽子板は絵柄がついておらず、自分たちでシールを張ったり絵を描いてオリジナルの羽子板を作る事ができます。
この他にもインターネットを検索すればダンボールなどで羽子板を作る方法も見つける事ができ、羽子板を作る工作と実際にその羽子板で羽根つきをするという二種類の楽しみ方ができます。

どういった羽根つきをするか

羽根つきは2人でするものと思いがちですが、ひとりで何回羽根を突く事ができるかを競う突き羽根という遊び方があり、実は1人でも楽しむ事ができます。
2人で羽根を突き合う遊び方だと、どうしても人数が奇数だった場合に遊べない園児が出てきてしまいまいます。
ですが、この突き羽根を複数人で遊ぶようにすれば、基本的には1人で行うため人数が偶数でも奇数でも、余る子供が出ないようにして遊ぶ事ができます。

羽根つきはこの他にもさまざまな遊び方ができますから、羽根つきを行う子供が何人いるかによって柔軟に遊び方を変える必要があります。
仲間はずれになってしまう子供ができないように、複数人でも楽しめる遊び方を考えておく事が重要です。